フレッツ光違約金について

フレッツ光違約金について

 

フレッツ光を解約する理由には、

 

 

就職や転勤などで、引越しする

 

auひかりなどの、乗り換えキャンペーンを利用したい

 

スマホばかりをしていてパソコンなどで、インターネットをしなくなった

 

通信速度や、サービス、料金などに不満がある

 

 

など、色々な理由があります。

 

2年縛りや、長期割引などで途中解約した場合は、違約金が発生してしまう場合があります。

 

そう、この違約金がみなさんが一番気になるところだと思います。

 

フレッツ光を解約した場合、解約違約金が3種類発生する場合があります。

 

 

 

1.NTT西日本、NTT東日本の解約違約金

 

2.プロバイダの解約違約金

 

3.フレッツ光工事費の残債

 

 

上記が発生する可能性のある解約違約金です。

フレッツ光解約違約金 NTT解約違約金

フレッツ光にする場合、他社の回線も同じようなことはありますが、キャンペーン特典を受ける時は、決まった期間契約する必要があります。

 

決まった期間契約しなかった場合は、違約金という形で請求がきます。

 

NTT東日本のフレッツ光にねん割の途中解約違約金

 

「にねん割」は、フレッツ光の契約月から2年間利用継続を前提として、月額利用料金が割引されるサービスです。

 

戸建ての場合:月額料金から700円の割引(2年間で総額16,800円割引)

 

マンションの場合:月額料金から100円の割引(2年間で総額2,400円割引)

 

「にねん割」は、2年の契約期間が満了すると、自動的に自動更新されます。

 

この「にねん割」を『契約更新月』や『契約満了月』以外などの、2年間の契約期間の途中で解約すると、解約違約金が発生します。

 

ファミリータイプ マンションタイプ
更新月以外の場合 9,500円(税抜き) 1,500円(税抜き)

 

 

NTT西日本のフレッツ光の光はじめ割の途中解約違約金

 

「光はじめ割」は、フレッツ光の契約月から2年間利用継続を前提として、月額利用料金が割引されるサービスです。

 

 初回割引適用期間は、割引適用開始月を1ヶ月目として24ヶ月目の末日までです。

 

 以後、2年毎に初回割引適用期間満了日の翌月を1ヶ月目として24ヶ月目の末日まで自動延伸します。

 

「光はじめ割」のご利用年数
()内は各種割引サービスを利用しない場合との差額

【参考】
各種割引サービスを利用しない場合

1年目 2年目 3年目以降
フレッツ 光ネクスト ファミリー・スーパーハイスピードタイプ 隼

4,300円
(▲1,100円)

4,110円
(▲1,290円)

5,400円
フレッツ 光ネクスト マンション・スーパーハイスピードタイプ 隼 プラン1

3,250円
(▲450円)

3,080円
(▲620円)

3,700円
プラン2

2,850円
(▲350円)

2,680円
(▲520円)

3,200円
ミニ

3,950円
(▲550円)

3,720円
(▲780円)

4,500円

 

解約金について

 

「光はじめ割」を解約された場合は解約金が必要です(下表内「解約金」参照)。

 

ただし、割引適用期間の満了月とその翌月に解約される場合は、解約金は発生しません。

 

FTTHアクセスサービス/タイプ/プラン 解約金(税抜)
フレッツ 光ネクスト ファミリー・スーパーハイスピードタイプ 隼 10,000円
フレッツ 光ネクスト マンション・スーパーハイスピードタイプ 隼

プラン1
プラン2
ミニ

7,000円

 

フレッツ光解約違約金 プロバイダー解約違約金

フレッツ光を解約する時、フレッツ光だけを解約るればいいと思っている人は多いと思います。

 

しかし、フレッツ光を申し込んだ時、一緒にプロバイダーも契約しています。(BIGLOBE、OCN、So-net、niftyなど)

 

フレッツ光だけを解約するのではなく、プロバイダーも解約をする必要があります。

 

つまり、フレッツ光の大まかな仕組みは、

 

フレッツ光:光回線

 

プロバイダー:インターネットに接続するサービスを提供

 

プロバイダーもフレッツ光回線同様、キャンペーン特典を受ける時は、決まった期間契約する必要があります。

 

決まった期間契約しなかった場合は、違約金という形で請求がきます。

 

下記に主な、プロバイダーの解約違約金をまとめました。

 

プロバイダー名 主な契約プラン 契約期間(更新期間) 解約違約金
@nifty @nifty 光ライフ with フレッツ 2年 3,240円
BIGLOBE BIGLOBE 光パックNeo with フレッツ 2年 5,400円
OCN OCN 光 with フレッツ 2年 5,400円
Yahoo!BB Yahoo!BB 光 with フレッツ 2年 5,400円
hi-ho hi-ho 光 with フレッツプラスファミリー 2年 10,800円
Nexyz.BB Nexyz.BB ブロードバンドステッププラン 2年 10,260円
Toppa! Toppa!ライトプラン 2年 5,400円
plala plala 光メイト with フレッツ なし 0円
BB.excite エキサイト光 なし 0円
DTI DTI 光 with フレッツ なし 0円
So-net So-net 光 with フレッツ なし 0円

 

フレッツ光解約違約金 工事費の残債

フレッツ光を使うためには、フレッツ光の開通工事が必要となります。

 

工事費は、基本的に分割でした場合は、月額に上乗せされ請求されており、工事費を分割で支払っているという感覚を持っている人は少ないと思います。
(通常、契約時に説明をうけているはずですが、忘れがちな人が多いようです)

 

工事費を分割で支払っている場合、解約した時に、残債が残っている場合は、解約時に残っている工事費に残債を請求されることになります。

 

通常、2年間にお分割で支払うことが多いようです。

 

下記に、工事費の一般的な費用をまとめました。(環境によっては、追加費用が発生する場合があります)

 

 

■新規お申し込み時の工事費(標準的な工事の場合)

 

屋内配線の
工程がある場合

分割払い または 一括払い
18,000円
[税込:19,440円(初回3,240円、2回目以降540円/月×30回)]

屋内配線の
工程がない場合

分割払い または 一括払い
7,600円
[税込:8,208円(初回3,240円、2回目以降165円/月×29回、最終回183円)]

お客さま宅内の配線設備などを再利用し、お客さまご自身で回線終端装置などを設置する場合

一括払いのみ
2,000円
[税込:2,160円]

土日休日に工事を実施する場合は、上記に加え3,000円[税込:3,240円]がかかります。
(分割払いの場合は、初回にお支払いいただきます)