光コラボレーションモデルとは

今まではNTT東日本・NTT西日本が提供する光回線「フレッツ光」を直接、または代理店が販売を行ってきました。

 

フレッツ光の普及が十分されたことで、NTTはさまざまな事業者に光回線の卸売りを行い、事業者が独自のサービスを追加提供したモデルが光コラボレーションモデルです。

 

ですので、「フレッツ光」の回線速度や信頼性をそのまま引き継ぐことができます。

 

光コラボレーションで使っている回線はフレッツ光とまったく同じものです

 

 

光コラボレーションとは 光コラボレーションとは

 

 

光コラボレーションとは

 

 

つまり

 

今までは

 

NTT(フレッツ光回線)、別途プロバイダ(BIGLOBE、OCNなど)契約 → お客様

 

つまり
回線事業者と接続事業者の両方と契約が必要でした。

 

 

光コラボレーションは

 

NTT(フレッツ光回線)→ 光コラボレーション事業者(フレッツ光回線+プロバイダなど) → お客様

 

 

です。

 

 

上記は、新規でフレッツ光を契約する場合の契約形態です。

 

では、今現在、フレッツ光を使っている人が、光コラボレーションを使いたい場合は、どうしたらよいでしょうか。

 

「転用」という形態をとります。

 

光コラボレーションのメリット

NTTが光コラボレーションのサービスを開始したことによって、NTT、事業者、消費者それぞれにメリットがあります。

 

 

●NTTのメリット:

 

1.営業コストが削減できる

 

2.営業しなくても利用者が増える

 

 

 

●光コラボレーション事業者:

 

1.フレッツ光回線に、自社サービスを付加できるので、顧客のニーズに応えられる

 

2.よいサービスを提供できれば、継続的に利用してもらえる。

 

 

 

●消費者:

 

1.色々なサービスから、フレッツ光を選べる

 

2.価格が安くなる

 

3.特典(キャッシュバックなど)がもらえる

 

 

このように、光コラボレーションによって、消費者にとっては、フレッツ光の選択肢が多くなったりといいことがあります。

 

特に、消費者(利用者)のメリットについて解説します。

 

1.色々なサービスから、フレッツ光を選べる

 

光コラボレーション事業者には、様々な事業者が参入しています。

 

 

ソフトバンク光、docomo光などの通信会社系

 

BIGLOBE光、OCN光、hi-ho光などのプロバイダー系

 

フレッツ光代理店 NEXTなどの、フレッツ光代理店系

 

 

など、様々な光コラボレーション事業者が参入してきており、それぞれの事業者が独自のサービス(キャッシュバックなどの特典)を付加して販売しています。

 

その(特典などの独自サービス)中から、自由に選べるので、満足してフレッツ光を始めることができます。

 

 

2.価格が安くなる

 

光コラボレーションでは、プロバイダー料金も含むサービスを提供していることがほとんどなので、フレッツ光とプロバイダを別々にしていた時よりも、料金が300円〜1500円程度は安くなることもあります。

 

3.特典(キャッシュバックなど)がもらえる

 

光コラボレーション事業者には、独自の特典に高額キャッシュバックや、豪華特典をつけていることが多いです。

 

例えば、キャッシュバックが35,000円もらえるNEXTがあります。

 

光コラボ ビッグローブ光 NEXTNEXT

光コラボ  


新規で必ず35,000円キャッシュバック!

もしくは

25,000円キャッシュバック

プラス


30,000円分初期費用無料!


公式ページ   詳細ページ

 

光コラボレーションのデメリット

光コラボレーションには、メリットだけではなくデメリットもあります。

 

 

1.代理店が多く代理店選びに迷う

 

2.悪質な営業をする事業者もいる

 

3.問い合わせ窓口がNTTでなくなる

 

 

1.代理店が多く代理店選びに迷う

 

様々な代理店独自で、キャンペーン(高額キャッシュバック、豪華商品プレゼント、料金割引など)を行っているので、一番お得なキャンペーンを探すのが困難になりがちになります。

 

特に、キャッシュバックの条件が代理店ごとに違ったりするので、よく比較することが重要です。

 

例えば、(フレッツ光+指定プロバイダ)のみで、キャッシュバックされる代理店もあれば、(フレッツ光+指定プロバイダ+電話)がキャッシュバックの条件というような代理店もあります。

 

 

2.悪質な営業をする事業者もいる

 

代理店が数多くありますので、ほとんどは良い代理店なのですが、一部悪質な代理店が存在するようです。

 

・キャッシュバックの条件が違っていた。
・いらないオプションをつけさせられた。
・強引な営業をしてきた。

 

など、ネットの口コミなどを参考に、代理店を選ぶと、悪質な代理店にあたる可能性が減ると思います。

 

 

3.問い合わせ窓口がNTTでなくなる

 

今までは、フレッツ光の販売をNTTが行ってきたため、問い合わせの窓口がNTTだったのですが、光コラボレーションになってからは、問い合わせ窓口が、光コラボレーション事業者になり、対応の悪い事業者もあります。